多重債務に気をつける

注意無人契約機でお金を借りる場合は総量規制がしっかり適用されることになるので、借りることができる金額は年収によって制限されることになりますが、他の金融機関から借りている場合についても計算されます。
 
どれくらいの金額を借りることができるかについては年収の3分の1までという決まりがあるわけですが、法律が厳しくなる前にいくつかの金融機関からお金を借りている場合は既存の借金を完済してから新しく借りることを考える必要があります。
 
借金を複数の銀行や消費者金融からしていることを多重債務と言いますが、それぞれの金融機関に対して借金の返済義務が生じることになるので月々の返済負担は増えてしまいます。
 
無人契約機の場合だと複数の金融機関から借りていると新規で借りることは難しくなりますが、収入や総量規制の条件をクリアしている場合は新規に借りることができることもあります。
 
しかし、借金が増えてくると人の気持ちは感覚が麻痺するようになり、カードローンという利便性の高さにはまってしまって必要以上に借りてしまい自ら借金地獄への道を作ってしまうことがあります。
 
無人契約機はいつでも一人で申し込みをすることができるメリットがある一方で、お金を借りることに対して負担が少ないことから借金をしているという感覚をきちんと持っておくことが大切です。
 
借りたお金を返すことは当然のルールですが、このルールが見えなくなってしまわないように意識がけることもお金を借りる者には必要です。

このページの先頭へ