学生や主婦の利用

昔は消費者金融がサラ金と言われていたこともありましたが、これはサラリーマンが利用する金融機関ということに由来しており、安定した収入がある正社員として働いている人を対象にして各金融機関はカードローンのサービスを提供していました。
 
しかし、時代が変わって今では正社員として働いていても会社が無くなるリスクがあり、就業形態についてもどんどん変化していて正社員として働くことだけでなくアルバイトやパート、派遣社員として働くなど自分の生活にあったスタイルで仕事をすることが可能になっています。
 
金融機関側もこの流れに対応するように正社員として働いている人だけに貸し出しをするのではなく非正規雇用として働いている人でも継続的に安定した収入がある人に対してはお金を貸し出しているケースは少なくなく学生や主婦でも条件を満たしていればお金の借り入れができます。
 
もちろん無人契約機を利用して申し込みをすることもできますが、無人契約機を利用する場合も審査を受ける必要があるので足を運んで審査にクリアしなかったということにならないように申し込みについては事前にインターネットで行い、後から無人契約機でカードを発行してもらう方法も可能です。
 
いずれにしてもお金を借りるということは完済に向けて返済をしなければならないということなので、借りる前から返済のこともしっかり考えておくことが大切ですが、特に収入が少ない学生や主婦が借りる場合は注意が必要です。

このページの先頭へ